絶叫系が苦手なわたしでも乗れる!ディズニーのアトラクション

レジャー
ディズニー大好き
ディズニー大好き

いよいよディズニー!楽しみだけどジェットコースターは苦手…

せっかくなのでディズニーリゾートを楽しみたい!しかし、絶叫マシンが苦手で実は心配をしている方も多いのではないでしょうか。ここではわたしが行っている絶叫マシン対策と、それが有効なアトラクションについて紹介します。

わたし
わたし

ヒトは未知なものを恐れます。なにが怖いのか、なにが起こるのか、事前に知識があれば恐怖心をかなり抑えることができるでしょう!

スポンサーリンク

浮遊感の原因と対策

わたしが絶叫系を苦手と感じているのは、落下するときの浮遊感が原因です。

この浮遊感(胃が浮く感覚という表現がされることもあります)は、耳の内部にある『耳石器』による影響なのだそうです。耳石器は、重力など加速度の認識をつかさどる器官です。

たとえばエレベーターがさがる時、体全体が降りるスピードと比べて、耳石器のリンパ液中にある耳石が遅れて降下するために、浮遊感が起こります。

そこで、この浮遊感を抑えるために、絶叫マシンが落下するときに頭をグッと下に向けることで対策することができます。これは、頭を下に向けることで、耳石の降下の遅れを強制的に防いでいるためです。

ディズニーランドのアトラクション

カリブの海賊

カリブの海賊では、一番初めにとても短い落下があります。この落下は、先に紹介した対策を施さなくとも、私の場合はギリギリ乗り切ることが出来ます。反対にいえば、このぐらいの落下がギリギリな程度に、私は絶叫マシンが苦手であるともいえます。

ガジェットのゴーコースター

いかにも絶叫マシンという形をしてはいるのですが、大きな落下もなくスピードも遅いため問題なく乗れます。少し浮遊感を感じたときだけ頭を下げればよいでしょう。

ビックサンダーマウンテン

さて、問題はここからだと思います。人生で初めてビックサンダーマウンテンに挑戦しようとした際は、何度も列を抜けようかと悩んだのですが、今ではとても好きなアトラクションです。

全体的に明るい雰囲気であり不安を煽られることもありません。また、数回の落下がありますが、不安を感じる可能性があるのは最後に訪れる大きめの落下のみです。しかし、この落下は先の対策で十分にカバーできます。

ディズニーランドの3大コースター初めて挑戦する場合は、ビックサンダーマウンテンから始めるのが良いのではないでしょうか。

スプラッシュマウンテン

スプラッシュマウンテンは、小さい落下が2,3回と、最後に有名な大落下が1度あります。小さい落下は、カリブの海賊と同程度なので心配はいらないでしょう。

最後の大落下を不安に感じる方は多いと思いますが、私の場合は先の対策でカバーできています。落下時間は意外と長くないので、全身の血が逆流するような緊張感はありますが、なんとか乗り切れます。ただし記念写真は必ず下を向いて写ることになります。

似たアトラクションとして、ユニバーサルスタジオジャパンのジュラシックパークがありますが、あちらのほうが落下時間は相当長く感じました。ジュラシックパークに乗ったことがある方は、スプラッシュマウンテンも乗れるはずです。

スペースマウンテン

スペースマウンテンは全体的な薄暗さと、乗り始めの独特な光と音の空間に不安を煽られます。しかし最初の空間は移動しているだけでなにも起こりません。のんびり乗っていれば大丈夫です。

次に広くて暗い空間に抜けてからが始まりです。これは前が見えにくいので少し怖く感じるのですが、基本的にはゆるい角度で右に旋回して下りていくだけなので、意外と問題ありません。浮遊を感じる瞬間もそれほどないので実は怖くないというのが一度乗ってみた感想でした。

このようにディズニーランド側はそれほど問題ないかと思います。

ディズニーシーのアトラクション

レイジングスピリッツ

ビックサンダーマウンテンに乗れる人であれば問題ありません。

レイジングスピリッツはディズニーリゾートで唯一、一回転を行うコースターなのですが、浮遊が苦手な人は回転には耐えられるはずです。回転は、基本的に遠心力により押さえつけられる感覚を受けるものですが、回転自体が小さいので一瞬で終わってしまいます。

センターオブジアース

最高速度のアトラクションということが特徴なため、薄暗い雰囲気と風圧さえ我慢できれば、落下自体は耐えられると思います。

その変わり、列に並ぶあたりが怖そうな雰囲気を漂わせているため、私は長いこと逃げてきました。一歩を踏み出すハードルが少し高いアトラクションかもしれません。

タワーオブテラー

タワーオブテラーは未だに乗ったことがありません。浮遊が苦手な人は最も避けるべきアトラクションです。頭を下げる対策は垂直落下には効果が薄くなるためです。

私が知る限りでは、全身の力を抜く、という絶叫マシン対策を取っている方もいるようで、そのようなタイプの方なら耐えられるのかもしれません。しかし私と同じ対策を取る方には厳しいのではないかと思います。

わたし
わたし

YouTubeなどに投稿されている動画を事前にチェックしておけばさらに安心ですね。(アトラクション内での撮影は本当はルール違反ですが…)

www.worker-tokyo.com

www.worker-tokyo.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました